葛西ことばのテーブルについて

 言語障害や学習障害の、お子さんや成人の方を対象とした、言語・学習指導室です。
一人一人の言語能力や学習能力を評価し、個人別の指導プログラムにそって、指導を進めます。
 またご家庭でも訓練が可能なように、進度に合わせて、言語・学習教材を作成し、ホームワークとします。
指導の概要
@ 言語指導(幼児〜成人対象)
 ことばの遅れ・発音の異常・きつ音・口蓋裂・失語症・聴覚障害などの、言語障害をお持ちのお子さんや成人の方を対象に、言語訓練を行います。また、精神発達の遅れや自閉症などの問題のあるお子さんには、言語を含めた、全般的な認知訓練や、生活能力訓練を実施します。
A 学習指導(幼児〜就学児童対象)
 学校などでの学習に特殊な能力障害(文字がうまく読めない、聞いた内容をすぐに忘れてしまう等)が生じているお子さんや、発達の遅れを背景として、学習全般に困難が生じているお子さんを対象に、学習指導を行います。特に、すべての教科学習の基本となる、基礎的な国語・算数能力の育成をはかります。
B 高次脳機能の評価・訓練
 脳卒中や頭部外傷などに原因する、記憶や注意の障害といった、高次脳機能障害に対して、評価および機能訓練を行います。

指導の特色

個別指導制(個別指導プログラム)
 原則的に、指導者と1対1の個別指導です。また指導は、能力評価をもとに指導計画を立てて進めてゆきます。

ホームワーク
 言語および学習指導については、毎回の指導終了後、進度に応じて学習教材を作成、ホームワーク(家庭教材)とします。

ご予約・ご相談について

指導および初回面接相談は、すべて,予約制です。
  電話・E−mail等にてお問い合わせください。 
プライバシーは厳守します。

スタッフ紹介


代表  三好純太 
 国立身障者リハセンター聴能言語専門職員養成課程終了。
 

○島本佐保(言語聴覚士)